錦原台地の竜尾城

8月8日土曜日9:15~の綾ラジオ畑では、「綾国際クラフトの城(綾城)」と
「いのちの学び舎 ビオスごうだ」をご紹介。

綾城支配人の斉藤昭年さんによると、綾城は鎌倉時代後期に細川氏が築城、
昭和60年(1985年)に、すべて綾の木材を使って再建されたそうです。
錦原台地の尾立展望台を竜の頭に見立て、別名竜尾(りゅうび)城とも呼ばれ、
城内には、綾町在住の陶芸家約40名のほとんどの作品が揃っています。
陶芸、織物、染物体験もでき、1000円以上のお買い物で入場料が無料になります。
写真の御朱印も1枚300円でお渡しできるそうです。

「ビオスごうだ」の薬剤師 郷田美智子さんによると、酷暑続きのこの時期は
湿邪でたまった水分を涼しい時間の運動で排出して新たに補充することが大切で、
お茶に梅干しとちょっとハチミツを加えて飲むのがおすすめとのこと。
また、夏野菜、ビール、アイスコーヒーなどで冷やしすぎた体には、
青じそ、ショウガ、柚子胡椒などの香辛料を使って胃腸を温めるようにするとよいそうです。
疲れた胃腸を癒すために好評の「断食コース」も休業要請明けの8月16日から再開です。

写真は左から、パーソナリティの薗田さん、郷田さん、斉藤さんと、
陶芸家の卵、現在綾で修行中の中村綾太郎さんです。