自然のままの「食の在り方」を

9月5日土曜日9:15~の綾ラジオ畑では、「けんちゃん農園」と「綾わくわくファーム」をご紹介。
けんちゃん農園の代表 杉木賢一郎さんは、東京都出身。長年自然栽培に適した土地を探し求め
2017年から、綾で100%無農薬・無肥料に挑戦する自然栽培農家さんです。
この日は、たまねぎ・にんにく・しょうが麹3兄弟セット(4,374円)をお持ちいただきました。
自然栽培完全無添加の加工品で、にんにく塩麴は肉料理に、たまねぎ塩麴はオリーブオイルでドレッシングにも
と素材の味を引き出しながらもまさに「発酵革命」のお味の出来上がりです。他にも、完全自然栽培米、
食べられる麦茶など、有機農業発祥の町で「当たり前を繋ぐ想い」を次々に実現中です。

綾わくわくファームの濵田倫紀さんは、「”いまだコロナを知らず、いずくんぞポストコロナを知らず”
ポストコロナを綾で考えよう」とのご提案。
ご存じのとおり綾は日本有数の照葉樹林を残し、有機農業発祥の町としてほんものの農作物を生産しています。
コロナ禍の現在、これまでの暮らしを見直す良い機会になったと捉え
今の不自由で隔離された社会を継続するのではなく、コロナと共存しながらも
コロナ非武装地区として綾での過ごし方を教唆されました。
写真は左から、パーソナリティの薗田さん、濵田さん、杉木さんです。