体調を整え、綾工芸まつりへ

10月10日土曜日9:15~の綾ラジオ畑では、「綾工芸まつり」と「いのちの学び舎 ビオスごうだ」をご紹介。
11月20,21,22,23日木~月曜日までの4日間、第39回綾工芸まつりが綾てるはドームで開催されます。
綾工芸まつり実行委員長で熊須碁盤店を営んでおられる熊須豊和さんは、
コロナ禍で綾競馬も綾農業祭りも中止の綾町で、工芸まつりが実施できるようになり、
出店36工房の皆さんとともに、お客様をお待ちしておりますとのこと。
三密をさけるために、例年通りのイベント類はできませんが、万全の準備を整えて
来場された方には楽しんでいただきたいそうです。’

「ビオスごうだ」の薬剤師でもある郷田美智子さんは
朝夕の寒暖差が大きいこの季節は、気管支から肺を痛めるので、喉を温める香辛料として、
ショウガ、ネギなどを食べるとよいと教えてくださいました。
この日は自家製豚みそを持参されました。豚肉、ショウガ、ニンニク、ニラ、砂糖、味噌に隠し味として
柚子胡椒を入れるとピリっと味が引き締まるとのこと。
写真は、ミニおにぎりと豚みそです。

食べ物で人の体はできるので、日本の風土にあう納豆、味噌などの発酵食品をどんどん食べてください。
写真は、左からパーソナリティの薗田さん、郷田さん、熊須さんです。